ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2014年賞金女王アン・ソンジュが挑む2つの大記録

国内女子ツアーの今季最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」が27日(木)、宮崎県の宮崎CCで開幕する。賞金女王争いは、アン・ソンジュ(韓国)が前週に3年ぶり3回目の戴冠を決めて終結。しかし、アンにとって今週はただの消化試合ではない。ツアーの歴史を塗り替える、2つの大記録がかかっているのだ。

1つは、最高年間獲得賞金の更新。アンが優勝して2500万円を加算すると177,560,741円となり、横峯さくらが保持する年間獲得賞金のツアー史上最高額175,016,384円(2009年)を約250万円上回る。もう1つは、1ラウンドあたりの平均ストローク数。アンは前週までの計79ラウンドで平均69.9998と70台を切り、女子ツアー史上初となる年間平均ストローク数60台に“王手”をかけている。今週の大会を1ラウンド平均「70」となる「280」(通算8アンダー)以下のスコアで終えると快挙を達成する。

なお、現在の女子ツアー最少平均ストロークは12年に全美貞(韓国)が記録した70.1788。これは、アンが今週を「294」(通算6オーバー)以下で終えると更新する計算だ。

記録更新を期待する声はアンの耳にも届いているというが、自身は「もう先週で(女王争いは)終わっているし、記録のことは本当に考えていない」と冷静だ。しかし、平均ストローク数は「自分の中で一番」というこだわりが強いスタッツでもあり、「平均ストローク数はやってみたい」と本音もチラリ。夢の60台に向けて、モチベーション高くラストゲームに臨む。(宮崎県宮崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!