ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

惜敗の大山志保が悔やんだ18番第2打のミス2回

国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日を首位と2打差の9アンダー2位で出た大山志保は、1番でバーディを奪い首位に並ぶと、その後もスコアを伸ばして試合をリードした。しかし、通算13アンダーで突き放すまでには至らず、イ・ボミ(韓国)と菊地絵理香と3つ巴プレーオフで惜しくも敗れた。

「今日も本当にいいゴルフができました。ショットはいいし、アプローチも良かった。反省点を上げるなら18番のセカンドショットかな」

<< 下に続く >>

復調の手応えを結果につなげたかった大山は、正規のラウンドとプレーオフで、この日2度プレーした18番第2打に悔いを残した。

首位に並んで迎え、バーディを奪えば頭一つ抜け出して優勝かという“正規の18番”では、残り146ヤードを8番アイアンで放った。「8番で軽くか、9番でしっかり打つかという距離だったんです。それで8番で軽めにと思ったら右に抜けてしまって…」。出だしから右に飛んだボールはグリーン右サイドのラフにつかまった。アプローチもピンを2メートルオーバーしたが、返しのパーパットをしっかりと決めてプレーオフへ。

サドンデスの1ホール目、残り144ヤードで先ほどと同じような距離だったが、再び8番アイアンを手にしてピンを狙った。グリーンには乗ったが、難しいピン奥8メートルからのバーディトライとなり、決められずに優勝を逃した。

「完全に番手ミスですね。さっきのミスを忘れてしまって。それにあの状況はアドレナリンも出ていると思うので、9番にすべきでした。また残念な結果になってしまいました」。

本調子を取り戻していないとボヤキながらも、今季はこれで6度目のトップ10フィニッシュ。もちろん優勝するまで表情は晴れない。「ショットは良くなったけどアプローチも下手だし、パッティングもここぞという時に決められない。足りないものがあるけど、まだまだ成長できるのかな」。

五輪出場さえ狙うベテランの37歳は、これからも自身の成長を求めて戦い続ける。(長野県北佐久郡/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!