ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

初優勝なるか?酒井美紀もマッスルバックで開眼

2014/06/28 17:19

千葉県袖ヶ浦市にあるカメリアヒルズCCで行われた「アース・モンダミンカップ」3日目、コースレコードタイの「64」をマークして通算14アンダーとした酒井美紀が、全美貞と並んで首位に立った。

8バーディ、ノーボギーの「64」は、これまでの「65」を上回る自己ベスト。2番で残り110ヤードをPWで4メートルにつけてバーディとすると、5番、7番でも同じく110ヤードをPWで2メートル以内につけてバーディ奪取。PWが好調だと見ると、14番(パー5)でも2打目を3Wで「抑え気味に打って」110ヤードを残し、この日7個目のバーディをもぎ取った。

先週、マッスルバックアイアンに変えた葭葉ルミが初日に首位発進を決めたように、酒井も今週からスリクソンのマッスルバックアイアン(Z945)を使って好プレーを続けている。これまでPWのフルショットは110ヤード計算だったが、新アイアンでは120ヤードで読んでいる。「みんなから難しいって言われるけど、逆にしっかり打てるので良かった」と、飛距離も伸びて、「少し楽に振れている」と笑顔を見せた。

今季は2位が2回に、3位と4位が1回ずつ。だが、悲願の初優勝には届いていない。「プレー中、波に乗っているのに自分で切ってしまうことがある。どうしても周りを見てしまうことがあるので、自分の世界にもうちょっと入りたい」と、最終日は精神面を課題に挙げた。

11年に起こった東日本大震災の翌年から今週まで、「試合に出られるのが嬉しくて休んでいない」と、出場資格のある試合には休むことなく出続けている。その頑張りが報われる日も遠くはなさそうだ。(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!