ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

自己最高の2位に「楽しかった」 酒井美紀が確信した成長

2014/03/16 18:40

またも「優勝」の2文字は手からこぼれた。高知県で開催された「ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ」最終日、2日連続の「67」で通算7アンダーにスコアを伸ばし、一ノ瀬優希とともにトップスコアをマークしながら、プレーオフで敗れ2位に終わった酒井美紀。悔しいのでは? と聞かれると「そうですね…、でも、すごく楽しかったです」と、自ら成長を感じた過去最高順位フィニッシュに胸を張った。

首位タイで最終日を迎えた4月の「スタジオアリス女子オープン」など昨シーズンは何度となく優勝争いに加わったが、あと一歩届かず、メンタル面での課題を挙げていた。この日の酒井は最終日最終組でのプレーながら「意外と緊張せずに最後まで回れました」と、12番までに4ストローク伸ばし、今までとは違う自信を胸に終盤へ。14番からはボギーとバーディで文字通り一進一退となったが、先に上がった一ノ瀬を1打差で追って迎えた最終18番は、残り145ヤードの2打目を7番アイアンで1.5メートルにつけて、これをねじ込んで追いついた。

過去の失敗を生かし、入念な準備をして最終日の決戦に挑んでいた。「今までは優勝争いをしている肝心な場面でパットミスがありました。昨日は試合と同じ緊張感を持ってショートパットの練習をしていたので、18番ホールでも緊張せずにバーディパットを打てました」。この日はグリーンのラインもよく見えていたという。

ともにパーオンし、パット勝負になったプレーオフ1ホール目。「プレーオフのバーディパットもラインは見えていたんですけど、少し気持ちが先走ってしまいました」と喉から手が出るほど欲しい初優勝への思いを抑えきれなかった。「最後は、優希さんは必ず入れてくるだろうと思っていたので、自分が外したことは残念ですけど、楽しかったですね」

2010年に日本女子アマを制し、大きな期待とともにプロ転向した実力者。土台を踏み固めながら1歩ずつしっかりとプロ初優勝への準備を積み重ねている。「まだ自分自身のプレー自体は完璧ではないけど、プレーペースは掴めてきているので、この調子を維持していきたいです」。グッドルーザーの言葉に、今季への期待が垣間見えた。

関連リンク

2014年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~