ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

私もママ!保育園に送迎後、3位スタートの佐々木慶子

千葉県にあるカメリアヒルズCCで行われている「アース・モンダミンカップ」で、出産後初戦を迎えた茂木宏美が3アンダー11位タイの好スタートを切ったが、茂木と同期(02年入会)で10年3月に長女を出産した佐々木慶子も負けてはいない。4バーディノーボギーの「68」と、首位と2打差の3位タイで滑り出した。

神奈川県横浜市に住む佐々木は、道路の混まない平日の間はアクアラインを使って自宅からコースまで通っている。12時42分スタートだった初日は、朝8時過ぎに子供を保育園に送り届けてからコース入り。前日までの雨の影響で思うようにパター練習が出来なかったことも考慮して、スタートの3時間半前にコース入りしたという。

「朝、練習していたときに、(パッティングで)手元をハンドアップ目にして手の動かし方を変えたら良くなった」と、この日はロングパットもほとんどOKに寄せて、一番長かったパーパットは1.5メートル。「ショットがすごく良いわけじゃないけど、パターが良い分ボギーにならなかった」と直前の予習が生きた。

自身は出産後、丸1年ツアーから離れていただけに、茂木の4ヶ月強での復帰は「早いと思う」と舌を巻く。「それに、私は距離も落ちたし、(復帰戦は)全然ダメだったので、相当頑張ったんだなと思いました」。

佐々木の長女はもう4歳。いまでは母親の仕事も理解してきて、「プロゴルファーになりたいって言っています」と、親としては嬉しくもあり、責任も感じる立場になってきた。昨年、ステップアップツアーの「SANKYOレディースカップ」で“ママ”初優勝(下部ツアー通算2勝目)を飾ったが、そろそろレギュラーツアーでの初優勝も欲しいところ。「土日は見に来るかもしれないです」という娘の前で、“かっこいいママ”を演じられるか?(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。