ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「練習はウソをつかない」森田理香子、初の連覇へ首位発進

2014/05/23 18:12

愛知県にある中京ゴルフ倶楽部 石野コースで23日(金)、国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」が開幕。前年優勝者の森田理香子が5バーディ、1ボギーの「68」で回り、自身初の大会連覇に向けて4アンダー首位タイで飛び出す絶好のスタートを切った。

「たぶん、気持ちだと思う。このコースは好き。パー5でチャンスが多いし、距離が出る選手が上にいける」。一昨年の2位、そして昨年の優勝に続き、コースとの関係は今年も良好のようだ。

<< 下に続く >>

2つ伸ばした後の6番(パー5)では、2打目をグリーン手前のラフまで運び、約20ヤードのアプローチをピンに絡めて3つ目。7番で唯一のボギーを叩いたが、流れを呼び戻したのもまたパー5だった。13番では、グリーンエッジまで残り231ヤードから3番ウッドで2オンに成功。約15メートルから2パットで収めると、17番では2メートルのチャンスを決めて首位に並び、2日目の最終組の座を射止めた。

今季3戦目「Tポイントレディス」で早々にシーズン1勝目を飾ったが、それ以降は2度の予選落ちを重ねるなど、やや低調気味。その中でも、運気だけは逃さないよう、心に留めてきたことがある。「練習はウソをつかない。練習をすれば、悪い方向にいくことはないと思っている」。時には、気分が乗らないことも、修正点が分からずに嫌気が差すとこともあったという。そんな雑念を振り払うように、とにかくクラブだけは振り続けてきた。

その一方で、師事する岡本綾子から課されている今季の目標“賞金ランキング5位”という設定は、森田から結果を求める過度なプレッシャーと、焦りを取り除く効果を生んでいる。2度の予選落ちについてもそうだ。「2週連続ではしていないし、日曜日に休めると思って前向きに考えていた」と淀みなく消化。「今週も、成績うんぬんより、今できることをしっかりやっていきたい。これから良くなっていくきっかけになればいい」。もちろん大会連覇もターゲットに定めつつ、森田の目はさらなる先を見据えている。(愛知県豊田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!