ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

V逸の柏原明日架「制御できなかった」緊張の正体は?

2014/05/18 17:56


福岡県で開催された「ほけんの窓口レディース」で、大会初日から首位を守りきる完全優勝に挑んだアマチュアの柏原明日架(18歳)は、最終日にスコアを崩して、通算4アンダーの6位タイに終わった。

初めてだったかもしれない。出場したすべてのプロをしのぐ大きな注目を集めて立った1番ティ。単独首位の柏原が放ったこの日の第1打は、右のOBゾーンへと大きく曲がった。木に当たって跳ね返り、なんとかフェアウェイバンカーに戻ったが、「今日は昨日までの緊張感とは違う感じで、1日落ち着いてプレーができませんでした」。続けた「自分の中では想定内でしたが…」に悔しさがにじむ。

<< 下に続く >>

大会2日目まではリラックスできていると話していた柏原だが、優勝のかかった最終日を前に、経験のないようなプレッシャーを感じることをしっかり想定はしていた。だが、いくらストレッチしても体は硬く、何度ルーティンの素振りをしてみても、緊張感を払拭することができなかったという。

1番のピンチをしのぎ、7番までパーセーブを続けたが、ティショットがフェアウェイバンカーに捕まった8番でボギーが先行し、ついに守ってきた首位から陥落した。「前半にチャンスがあったのにバーディパットが決められなくて、自分で流れを作れなかったです。精神的に苦しくて気を抜けるホールは1つもありませんでした」と唇をかんだ。

プロの世界では“サンデーバックナイン”とも呼ばれる大事な上がり9ホールでは、ティショットが安定さを欠き、3つのボギーをたたいて優勝争いからも脱落してしまった。「13番ぐらいから集中力が途切れかけました。パッティングが決まらないのが、ショットにも影響してしまいました」。3月に高校を卒業しており、優勝すれば“史上初のアマ完全優勝”の記録より何より、プロ宣言できることが現実として重みを伴ってきたかもしれない。本人は「順位で悔しいというのではないです」と強調した。

「まだまだ練習が足りないと思いますし、気持ち的にも上を目指します」と背筋を伸ばし、この惜敗をいつの日かの栄冠につなげるつもりだ。次戦は、今月30日に開幕する「リゾートトラストレディス」(兵庫・関西GC)の予定。7月には「最終プロテスト」も控え、伸び盛りのホープに休んでいる暇はない。(福岡県福岡市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ほけんの窓口レディース

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!