ニュース

国内女子Tポイントレディスの最新ゴルフニュースをお届け

伸び盛りの21歳・福田真未が生まれ故郷で躍動

2014/03/21 17:47

佐賀県にある若木GCで21日(金)、国内女子ツアー「Tポイントレディスゴルフトーナメント」が開幕。LPGA公表の出身地は「福岡県福岡市」ながら、“生誕地”はコースがある佐賀県武雄市というプロ4年目の福田真未が、自己ベストスコアに並ぶ「67」をマーク。西山ゆかりと共に5アンダーの首位に並ぶ最高のスタートを切った。

福田は昨年9月の国内メジャー「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」でキャリアハイの6位フィニッシュ。賞金ランキングは59位で初シードには届かなかったが、ファイナルQTで26位に入り今季の出場権を手にした。先週の「ヨコハマタイヤPRGRレディス」も初日に首位タイ発進(最終順位は6位タイ)。まさに伸び盛りの21歳は生まれ故郷でもはつらつと躍動した。

序盤の2番で3パットボギーを叩いたが、前週の経験をその後のバーディ量産へとつなげた。「いつもは出だしでつまずくとダダーッといってしまうけど、先週は出だしがダメ(スタートホールの10番でボギー)でもなんとか持ちこたえられた。自信になったし、先週があったからこそ、最後まで緊張せずに回れたと思う」。

ボギー先行も含め、前週初日の再現のようだった。6番から10番までに4バーディを奪うと、11番のボギーを挟み13番から3連続バーディ。奥から10メートルをねじ込んだ15番を除く6個のバーディは、いずれもピン手前か横につけたものだった。

「練ランから入念に距離感を意識して、イージーなところからパットを打てるように心がけていた」というプランを貫き、見事に奏功した。

今週はコースから約10キロにある祖母・タケ子さんの自宅から通っており、親戚や知人を含めた総勢30人の応援団の中には、もちろん78歳のタケ子さんの姿も含まれている。福田は、足場の悪いロープ外から18ホールを見守ってくれたおばあちゃんの姿を何度も目で追い、モチベーションもひと際だった。

前週の活躍を「喜んでくれた」という祖母の目の前で、プロ初優勝の栄冠を狙っていく。(佐賀県武雄市/塚田達也)

関連リンク

2014年 Tポイントレディス

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~