ニュース

国内女子ほけんの窓口レディースの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保、気を遣いすぎた痛恨のOB

2年ぶりの優勝を狙い、首位と2打差の5位タイで「ほけんの窓口レディース」最終日を迎えた大山志保。4番パー5でバーディを奪うと、6番でもバーディ。この時点で首位と1打差まで迫っていた。

今大会の9番ホールはティグラウンドのみギャラリーが観戦できるが、グリーン回りを含めその後は無観客状態でプレーが続けられる。左足上がりのライから2打目を放った大山のボールは、グリーン左奥のラフに入ってしまった。左足下がりでグリーン面が大山のサイドからは急な下り傾斜。ウェッジのソールを上手く滑らせたアプローチだったが、ピンを2メートルオーバーしてしまった。大きく左に曲がりラインを読み切り、ナイスパーセーブとした大山は、その場で右腕を6回振る大山式ガッツポーズを披露した。

<< 下に続く >>

決勝ラウンドでは後半へ入るインターバルがなく、他の選手はすぐに10番ティグラウンドに向かったが、大山はクラブハウスに戻った。出てきた時には前半に履いていたレインパンツを脱いでいた。

そして、小走りにティへ上がると、ドライバーを持ちティショットを放った。ボールはセンター方向に飛び出したが、その後右サイドに急激に曲がりギャラリーの頭上を越えてOBゾーンへ消えていった。

「今日はあのティショットですね。いま思うと何であんなに安易に打ってしまったんだろう・・・」。ホールアウトした大山は、OBになった10番ホールの第1打を振り返る。「雨も上がりだしたし、気温も上がってきたのでレインを脱ごうと思っていたんです。どこで脱ごうかと。プレー中にギャラリーの前でというのもおかしいと思ったので、9番を終えてトイレに行きました。出てきたら、もう最初の人が打っていて、自分の番なのはわかっていたので、すぐにアドレスに入っちゃたんです」。

通常のルーティンである、ボールの後方に立ち目標を定めることは行ったが、その時の風や落としどころのイメージを掴まないままスイングに入ってしまったのだ。「レインを脱いだら、それまで湿っていたこともあり、少し足元が涼しいとは感じたんですよね。下半身が上手く回転しなかったので、あの球が出てしまった感じです。ギャラリーの方々も待っていてくれたので、今後は気を遣いすぎないで慎重に行動します」と反省。

「でも、こういう性格なので、また同じことを繰り返しちゃんかもしれませんね(笑)」。大山らしいミスではあるが、優勝争いでの1発のOBは命取りになる。結局、このOBから悪い流れに陥った大山は15番でもダブルボギーをたたき、優勝争いから完全に脱落してしまった。

それでも、最終18番でバーディを奪い通算2アンダーの6位タイに食い込んだことに「最後にバーディで上がれて良かった。最後はちゃんと前を向いてプレーすることが出来ましたので」と笑顔を取り戻す。この日課題となった「慌てないこと」。これを克服すれば、ツアー13勝目が転がり込んでくるかもしれない。(福岡県福岡市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ほけんの窓口レディース

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!