ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

手負いの豊永志帆が3位浮上 初の最終日最終組へ

愛知県にある中京GC石野コースで開催されている、国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の2日目。5位タイからスタートした豊永志帆が5バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算5アンダーの単独3位に浮上。自身初となる最終位最終組に食い込み、5打差を追う首位の森田理香子との直接対決に挑む。

2011年にプロテスト合格。12年は賞金ランキング53位で惜しくも初シード獲得ならずも、同年末の予選会7位通過により今季の出場権を獲得した。しかし、「オフにやったトレーニングが自分に合わなかったみたい」と、シーズン開幕を前にジュニア時代から抱えていた腰痛が悪化。今季は2戦目までを欠場する出遅れを強いられた。

<< 下に続く >>

現在も「抑えて振っている部分はあります」という手負いの状況ながらも、「ショット自体は去年よりも精度が上がっている。噛み合っていないだけ」と、光明を探りながら週を重ねている。今週はグリーン上で一工夫。「いつも強めに打っているパットを、タッチを合わせにいったら噛み合うようになった」と、冴え渡るパットを躍進へと繋げた。序盤の2番(パー3)は、ピン奥7メートルから下りのラインを沈めてのバーディ。7番でも下り8メートルをねじ込みスコアを伸ばした。2日間合計52パットは、出場選手中で最少の数字だ。

ケアは続けてはいるが「疲れてくると腰痛が出る」という豊永。「あと1日持つかな・・・」。ツアー初勝利に向け、不安と期待が入り交じる中で最終日を迎える。(愛知県豊田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!