ニュース

国内女子サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

原江里菜、攻めずに攻めて5年ぶりの首位発進

国内女子ツアーの今季第9戦「サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント」の初日に4アンダーをマークした原江里菜が、2008年以来の首位タイスタートを切った。今季第2戦「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で4位タイに入るなど、復調の兆しを見せていたが、その後は優勝争いに絡むことなく、5試合が過ぎた。

「調子自体は悪いわけじゃないです。先週からパットのフィーリングも良くなってきました」。先週、パッティング時に頭を残すようにしたいので、キャディにチェックしてもらうと「左右だけでなく上下にも動かさないようにしたら」とアドバイスを受けた原は「出球が左に行くミスがなくなったんです」と、悩んでいたパッティングにも自信を取り戻した。

この日、5バーディ、1ボギーとスコアを伸ばしたポイントを「コースマネジメントですね」と話す原。「ショットは安定してはいるが、無理にピンを攻めてしまうとトラブルになる可能性もあるので、ピンを攻めずにバーディパットを打ちやすい位置にピンポイントで攻めました」。

スタートの1番からピンの手前4メートルに2オンさせて上りのバーディパットを決め、3番パー5もピンの横3メートルにつけてバーディ。左右に振られたピンに対してはセンター目を狙い、距離感が正確だったために多くのバーディチャンスにつなげた。

最終18番はフェアウェイセンターに2本の木が待ち構えている。残り143ヤードを残し、8番で打つか9番にするかを悩んだ。「グリーンの一番手前まで127ヤードで、私の9番アイアンだとそこがぎりぎりだと思ったんです。そしたら思った以上にフォローが強くて助かりました」と、確実に木越えをしたいと9番で振り抜いたショットは、ピンの横5メートルについてバーディを奪った。

この日、森田理香子と同組でラウンドした原は、ツアー屈指の飛ばし屋にひけをとらぬドライバーショットの飛距離を見せていた。スイングの切れも良く、のびのびとプレーをしていた。大会2日目も「今日と同じようなマネジメントができれば、スコアは伸びるはず」と、ピン(フラッグ)を攻めずにピンポイントに攻めるゴルフで、ツアー2勝目に近づけたい。(千葉県市原市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント

サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント ライブ中継

サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント ライブ中継
2013年国内女子ツアー第9戦「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」本戦の模様をインターネット生中継!
【ライブ中継予定】
5月3日(金)12:30~15:30
5月4日(土)7:45~15:30
5月5日(日)7:45~12:15



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには但馬友プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。