ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら、パッティング不調でも16位タイ

母親の実家が沖縄県ということで多くの親戚が応援に駆けつけた横峯さくらが、2013年の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の初日に2アンダーをマークして16位タイとまずまずのスタートをきった。

1番ではティショットを左サイドのラフに入れるが、2打目をピン手前1.5メートルにつけた。しかし、このバーディパットが決まらず多くのため息を誘った。続く2番は同じく1.5メートルのパーパットがカップをすり抜け3パットのボギーとなる。

<< 下に続く >>

前半はカップの手前でボールが止まることが多く、琉球ゴルフ倶楽部の高麗芝に苦戦した初日のパット数は30。「惜しいパットが多くて、もっとスコアを伸ばせたのでもったいなかった」と苦い顔をする。

不調だったパッティングとは対象的に、この日のドライバーショットは安定していた。前日「オフに取り組んできたドローボールを試合でも試してみたい」と話していたが、初日は一度もドローを打たなかった。

「試合で使うのは今の段階ではどうかな、と思って躊躇しました。今日はフェードボールがストレート系だったので、安心して振り切れました」。スタートの1番こそ左サイドのラフに捕まったが、ほとんどのホールでフェアウェイを捕らえ、同組でラウンドした宮里美香イ・ボミを軽々とオーバードライブしていた。

コース特有の強風も吹かず、このまま晴天が続いたら「2桁アンダーは必要になりそうですね」と話す横峯。残る2日間はパットを改善し、1日4アンダー以上を目指すことになる。(沖縄県南城市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!