ニュース

国内女子サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

斉藤愛璃、起死回生のチップインバーディで3試合ぶりの決勝へ

2012/07/21 19:24


茨城県のイーグルポイントGCで開催されている、国内女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」の2日目。1オーバーの59位タイからスタートした斉藤愛璃が、3バーディ、2ボギーと1ストローク伸ばし、通算イーブンパーの46位タイで辛くも予選突破を果たした。

開幕2日前、水曜日の練習ラウンドでパッティングのルーティンを変えてから「課題のパットがすごく良くなった」と、手ごたえとともに迎えた今週。「いつもは考えすぎてしまい、打つまでがゆっくりだった流れを少し速めにした」という矯正も奏功し、3試合ぶりの決勝ラウンド進出を引き寄せた。

とはいえ、決して安泰の18ホールでは無かった。前半をイーブンで折り返すと、後半アウトの2番でボギーを叩き、通算2オーバーと予選通過が遠ざかる展開。この流れを断ち切ったのが、4番のチップインバーディだ。「グリーン奥の難しいところだった」という15ヤードのアプローチを鮮やかに捻じ込むと、7番では2mを沈めてイーブンパーに浮上。最終9番も、5mのバーディパットがオーバーし、1mながら下りのデリケートなパットを残してしまう。

「難しいラインだったけど、思い切りいきました」。決勝ラウンド進出をかけたパーパットを何とか捻じ込み、笑顔のホールアウトを遂げた斉藤。「後半になってショットも良くなってきました。明日、もう1回頑張りたいですね」と、しばらく遠ざかっていた決勝の舞台でのさらなる浮上を誓った。(茨城県稲敷郡/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。