ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

藍、美香、桃子にウィも参戦!豪華メンバーがWレディスに集結

今季の国内女子メジャー初戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」に、今年は米ツアーからも豪華メンバーが参戦することが決定した。

今大会は、日本ツアーとして唯一ロレックスランキング30位以内という出場資格が存在する。その資格で17選手がエントリー。宮里藍宮里美香ら日本人選手の他(上田桃子もエントリーしているが、これは2011年の国内賞金上位50位以内の資格)、チェ・ナヨン(韓国)、ミッシェル・ウィモーガン・プレッセルキム・インキョン(韓国)ら米ツアーの第一線で活躍するメンバーの参戦が発表された。ウィは国内女子ツアー初参戦となる。

LPGAの小林浩美会長は「日本から世界に発信するメジャートーナメントとして素晴らしい試合にしていきたい」と興奮気味に話す。今年は5月3日(木)から6日(日)のゴールデンウィーク期間中に開催され、全日が休日。余震の続く中、3万人弱が訪れた昨年大会を上回る動員が予想されている。

出場枠も114名から120名へと広がり、昨年以上の激戦となりそうだ。この会見に合わせて茨城GC西コースをラウンドしたディフェンディングチャンピオンのアン・ソンジュ(韓国)は、「練習ラウンドでもコースが難しかった。後半のインコースは昨年、結構焦ったなという記憶を思い出しました」と、大会1カ月前でも難度の高さを実感していた。

ゴールデンウィーク中の開催ということでギャラリーサービスも充実。LPGAの大会では初となる託児所の設置や、スナッグゴルフ、バンカーでの砂遊びなど、ファミリーや子供連れでも楽しめる大会として着々と準備が進められている。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

関連リンク

2012年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストには勝みなみプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~