ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

全美貞、まさかの失速!悪夢再び

国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」の最終日を2位に4打差の単独首位で迎えた全美貞(韓国)。昨年は1打リードでスタートした全は終盤に4打差のリードを奪っていた。しかし、17番、18番の連続ダブルボギーなどで2位タイに終わっていた。

そして今年は、スタートの1番でボギーを叩くが2番でバーディ。さらに5番でバーディを奪いいち早く2桁アンダーにスコアを伸ばした。ところが、8番パー3でボギーを叩くと、後半に入って10番からまさかの3連続ボギー。同じく最終組でラウンドしたアン・ソンジュ(韓国)にあっさりと首位の座を明け渡してしまった。

<< 下に続く >>

10番は2オンこそ出来なかったが、アプローチでピンまで1.5mに寄せたが、パーパットをショートしてしまう。そして11番パー3が3パットで、12番でも3パットと、大事なパットを打ち切れずにスコアを崩してしまった。

「ゴルフ自体は悪くはなかったが、途中の3パットから流れが変わってしまった・・・。残念でした、でも、こんな日もあると思って気持ちを切り替えます」と悔し涙を流しながら必死にこの日のラウンドを振り返った。

昨年はこの試合で優勝を逃してから調子を崩してしまったが、今年は全のいうように気持ちを切り替えて、すぐに立ち上がることが出来るのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!