ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

岡本綾子が世界殿堂入り決定!日本人3人目の受賞!

2005/05/18 18:00


日米を渡り歩いた「世界の賞金女王」岡本綾子が18日、世界ゴルフ殿堂入りすることが決定した。日本人ゴルファーの殿堂入りは樋口久子、昨年の青木功に次いで3人目となる。

1975年の美津濃ゴルフトーナメントで初優勝を飾った後は、1983年には米国女子ツアーを主戦場に移した。1987年には4勝を挙げて米国女子ツアーのマネークイーンの座につく偉業を達成。

岡本は米国ツアー通算18勝、国内での44勝と合わせて樋口に次ぎ歴代2位の勝利数を挙げている。1981年には国内ツアーの賞金女王、1994年には平均パット数1位に輝くなど、偉業のリストは長々と続く。

岡本は1986年には重症だった持病の腰痛から見事にツアー復活。1998年には推間板ヘルニアの手術を受け、翌年4戦目カトキチクイーンズで「2度目の奇跡」で優勝を果たした。

しかし、それ以降勝ち星には恵まれていないが、今季も虎視眈々と復活を目指している。54歳になった岡本は今季優勝すれば、女子世界最年長優勝記録(1995年大王製紙エリエールを50歳312日で勝った岡田美智子)を塗り替える。世界殿堂入りをバネに「3度目の奇跡」は起こるのか、注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。