ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

初Vへ逃げる三ヶ島かな 好調ショートゲームを支える“地味練”

2021/11/28 07:45


◇国内女子メジャー◇JLPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(27日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

2年前の「富士通レディース」最終日、三ヶ島かなは最終組で対決した当時アマチュアの古江彩佳に勝利を明け渡した。「プロなのに―」。古江と再び相まみえる最終日最終組にそんな思いも蘇るが、2年ぶりの有観客開催で地元・福岡から応援に駆けつけた人々を前に「目の前で、直接優勝を届けられたらいいな」という思いの方が強いという。

<< 下に続く >>

今大会はメルセデスランキング26位の資格で出場。最終戦進出は3年連続3回目となった。2016年にプロに転身した25歳は「このコースで目標のスコアを作ってしまったらダメだなと思っている。『目の前のボールに対して自分が何をできるか』を意識すれば、自然と優勝が近づいてくるのかなと思うので、そこだけを意識してやりたいですね」とこれまでの経験をもとに臨む姿勢だ。

「絶対に緊張はすると思う。ボギーも絶対に来るだろうし、バーディも絶対に来る。なるべく平常心を保ってやっていきたい」。2020年に青木翔コーチの指導を受け始めてからバーディ数もボギーの数も増えた。19年と今季の平均バーディ数を比較すると、0.08ポイント上がっている。「攻めるとちょっとミスでボギーも来るので、それならとにかく怒るより笑っていた方が」と精神的な部分も磨いた。

10月から、アプローチやパターでの“地味練”を強化してきた。「秘密です」と詳しい練習方法は明かさなかったが、「ただ50ydを打つだけではなく、打つ前に地味練があるんです」と説明。前週「大王製紙エリエールレディス」を5位で終えられたのも、その効果が「生かされてきた感じ」とした。

最終18番で10mから3パットのボギーを喫したが、そのホール以外は3番で2m、5番で4m、10番では5mを沈めてスコアを伸ばした。17番では残り76ydからの2打目を58度で50cmに寄せてのバーディ。「ピンチもなく、淡々とやりました」と落ち着いたプレーで首位に浮上した。

6月の「ヨネックスレディース」では2位から逆転優勝を狙ったが、同組で追われる側だった笠りつ子の逃げ切り優勝を目の当たりにした。「逃げる側は攻め際がすごく難しい。本当に気持ちの強さが課題というか、そこを強く持った方がいいのかな」と初優勝に向けて思い描いた。(宮崎県宮崎市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!