ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子は自虐の5位「チャンスをものにできないヤツ」

2021/10/04 18:24


◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇烏山城CC(栃木県)◇6550yd(パー71)

5打差を追って6位から出た渋野日向子は1バーディ、3ボギーの「73」で、通算2アンダー5位で終えた。初日から「68」「75」「66」で、最終日は再び70台。「1日目にいいスタートダッシュが切れて、2日目で自滅して、きのうも良くわからんスコアで回れて、なんだかんだ言ってまともなゴルフができたのは1日目ときょうぐらい」と振り返った。

<< 下に続く >>

「まとも」とはいえ、この日は「フラストレーションがたまるゴルフ」。前半9番で3mを外してボギーが先行すると13番も3mを決めきれず。「ボール1個分外れて通り過ぎたり、ラインに乗ったと思ったら手前で切れて横に止まったり」で苦笑する場面も。16番(パー3)のバーディでようやくギャラリーに笑顔を見せたが、バンカーにつかまった最終18番でスコアを落としてフィニッシュした。

改造中のスイングは「日替わりどころか一打一打変わる」とミスは多発している。「ただ、振れば飛ばせるというのは前より気が付くことができた」といまは前進あるのみ。「悔しい一日ではあったんですけど悔いはない」と話した。

3日目を終えてアンダーパーは22人いたが、最終的に渋野を含めわずか9人。「勝ちゃん(勝みなみ)だけは違うコースを回っていると思うんですけど、改めて日本女子オープンの難しさを感じた。でも、(同じ会場で予選落ちした)5年前よりは成長した」と実感。そのうえで「チャンスをものにできないヤツだなと改めて感じた」と、らしい言葉を交えて総括し、「この悔しさを、いつかあんなことがあったなと思えるような結果を残せるようにがんばりたい」と前を向いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本女子オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!