ニュース

国内女子GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子は4連続ボギーから復帰戦予選落ち「出直してきます!」

2021/07/17 16:26


◇国内女子◇GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 2日目(17日)◇イーグルポイントGC (茨城県)◇6657yd(パー72)

ひとつのミスショットをきっかけにプランが崩れた。1つスコアを伸ばして迎えた15番(パー5)、渋野日向子は残り128yd、2打目をピンが近いグリーンの右サイドに外した。「抑えのショットが右に出た。きのう練習していたが、打ち上げのぶん、結果を気にして早く目を上に向けてしまった。一番やりたくないミスで傷ついた」。がっくりうなだれた直後のアプローチは3mオーバー。1つのボギー以上の痛手を負った。

<< 下に続く >>

「危ないほうに外さない」。初日に実行できたコースマネジメントは一転し、そこからピンチの連続になった。続く16番(パー3)の第1打は、ショートサイドの左バンカーに入れ、17番はパーオンから3パット。18番の2打目でグリーンを外した奥のエリアは、刈込みで上り、グリーン面でカップに向かって下る“寄せ”が難しい場所だった。折り返し前の4連続ボギー。46位で出た自分を予選通過圏外に追いやった。

後半の出だし1番で2打目をピンそば1.5mにつけてバーディを取り返し、反撃を開始。3番(パー5)は5UTでの2打目を「(ウェッジで)スピンがかかりやすい位置」、ピンまで64yd地点のフェアウェイにきっちり刻み、狙い通り3打目を1mにつけた。大声援を浴びたバーディはこの日、3つ目。ただ、2日間で最後のものになった。

「最近(米ツアーで)カットライン(争い)には慣れたもんなんですけど…」という緊張感ある終盤。5番(パー3)、左サイドに切られたピンに誘われるまま6Iでの第1打を大きく左に曲げ、ボギーで再び後退した。「きのうは(全体的に狙いから)4、5m右にショットがついていた。『もうちょっと攻めてもいいのでは』と構えで左を向いたが…」。同じく左ピンの9番、再び6Iで左にこぼして万事休す。「最終ホールはホールインワンしかないと思って力んで引っかけた。最悪の終わり方」。3バーディ、6ボギーの締めくくりを悔やんだ。

バーディ合戦でパッティングを決めきれなかったのも予選落ちの大きな要因。「私の(悪い)癖で、“決めたい距離”で顔が上がるのが早くなって、(芯に)薄く当たって、(ボールが)切れるのが早い」。予選ラウンドのパット数は初日「31」、2日目「32」。帰国直後、自主隔離明けでコンディションが万全でないなか、スコアを伸ばしたい欲が要所で力みになり、「メンタルの弱さを痛感しました」と受け止めた。

3カ月におよぶ海外遠征からの国内復帰戦は無念の結果に。次週以降「大東建託・いい部屋ネットレディス」(北海道・滝のCC)、「楽天スーパーレディース」(兵庫・東急グランドオークゴルフクラブ)に出場する。「まだまだ伸びしろはたくさんある、と良いふうにとらえて、来週また切り替えて頑張りたい」。今大会は開幕前日に練習を再開して迎えたが、次はたっぷり練習して迎えられるはず。帰り際、悔しさいっぱいに言った。「出直してきます!」
(茨城県阿見町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!