ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

若林舞衣子 ママで初Vならず「体力がなかった」

2021/07/11 19:40


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 最終日(11日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6763yd(パー72)

最終日を単独首位で出た若林舞衣子は、堀琴音に通算14アンダーで並ばれてプレーオフの末に敗れた。

<< 下に続く >>

出だしの1番からバーディを奪って差を縮めてくる堀琴音に対し、負けじとバーディを奪って応戦した。後半15番で3たび並ばれ、延長へともつれ込んだ。18番ホールの繰り返しで行われたプレーオフは両者譲らず、激闘が繰り広げられたが、3ホール目に若林のティショットは左へと飛んだ。

205yd残ったセカンドショットも左に引っかけて3打目でグリーンへ。2オンさせた堀にプレッシャーを与えるには、少なくともパーで上がりたい場面。若林のパーパットは7mほど残っており、「思ったように打てなかった」と外してボギー。勝利を献上した。

「今日はなかなかいいゴルフができていなかった。そのなかで(正規の)18ホールではアンダーで回ることができたけど、プレーオフに入って体力がなかったかな」と涙をこらえながら振り返った。

朝は姉から送られてきた2歳になる子供の「朝ご飯を食べている」写真を見てスタートを切った。出産を経て、「これまでメンタルが強ければと思うところもあったけど、成長して帰って来られた。精神的な部分で強いところは見せられたかな」。家族に優勝の報告はできなかったが、「(子供に)『ママ、プロゴルファーってすごい』って言ってもらえる日まで頑張りたい」という思いはある。

「悔しいですけど、優勝できるようにまた頑張ります。まだまだ足りないところはあると感じた一日。練習もトレーニングも必要で、もっと上に行けるように」と涙をぬぐった。(北海道苫小牧市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!