ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

稲見萌寧は3試合ぶり予選通過 五輪無観客「寂しい」

2021/07/09 19:17


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 2日目(9日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6763yd(パー72)

東京五輪日本代表の稲見萌寧は3試合ぶりに予選を通過した。初日に1オーバー56位スタートで出遅れたが、2日目はボギーなしの4バーディ「68」でプレー。通算3アンダーの11位に順位を上げた。「初日にあの順位で、3週連続(予選落ち)と思ってしまいがちだったけど、乗りきれて良かった」と安どした。

<< 下に続く >>

ここ数試合、ショットで「左に行く」ミスが続き苦戦を強いられたが、右手に力が入りがちになっていたインパクトを見直した。「スイングを直しながら、スライスとかこすり球はオーケーにしていた。距離が出なくてつらいところはあるけれど、だいぶ(ミスの)回数が減った。左に出ないだけ成長できたかな」

前半3番をパーセーブしたのも大きかった。総距離533ydあるパー5で、2打目を左の段下のラフに落としてピンチを迎えた。ライはつま先上がりで、ピン左は狙えず、グリーン右には2つのバンカーがあった。「右を狙えば狙うほどテークバックの切り返しで(草木に)当たっちゃう。3打目がどこにあるかドキドキした」

バンカーには入らず、グリーン右ラフからとなった3打目は上げるアプローチでピン下2mにつけ、そのパーパットを沈めてガッツポーズをした。「(3番で)耐えられたからこそ、その後ピンチが来ても耐えなきゃとなった」。6月「ニチレイレディス」の2日目以来、7ラウンドぶりの60台となった。

久しぶりに迎える決勝ラウンドは「失うものはないので、楽しくプレーできるなという感じです」と顔を上げた。

東京五輪では首都圏の1都3県で開催される競技すべてが無観客となる。「寂しいですね。やっぱりお客さんが入ってからこそ楽しい部分もあると思うし、日本では見られない選手も見られるチャンスなのに」と残念がった。(北海道苫小牧市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!