ニュース

国内女子パナソニックオープンレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

安田祐香がケガを説明 「気にせず振れるように」

2021/04/29 15:25


◇国内女子◇パナソニックオープンレディース 事前(29日)◇浜野ゴルフクラブ (千葉)◇6566yd(パー72)

安田祐香は前週大会をプロ転向後初めてのトップ10入りとなる8位で終え、「2、3週間前からだんだんと調子が良くなってきている」という手応えを得て意気込みを語った。

<< 下に続く >>

前週大会では、最終日にフェウェイキープ率93%をマークし、3日間合わせた平均を見ても86%と好調さをアピールした。それでも心情的には「不安」を抱えてのラウンドだったという。

というのも、今月初旬の「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」を前に、左腕の痛みがひどくなり、同大会と2週前の「KKT杯バンテリンレディスオープン」の2大会を欠場していたからだ。

上腕部分をさすりながら、「練習中に肉離れみたいな痛さになった。ショートスイングはできるけど、(ショットの)切り返しの時にすごく痛くて」と説明。クラブを握らずの生活も続いた。

現在は「高校生の時からの鍼(はり)とかできる先生に診てもらったり、ストレッチしたりしてだいぶ良くなった。気にせずに振れるようになりました」と快方に向かっているという。

「自分が思う以上にすごく調子が良くなってきていて、今週も先週に引き続きティショットのフェアウェイキープ率が良くなるようにしたい。優勝は狙っているけど、今は目の前の目標をクリアしていきたいな」と前を向いた。

今大会で優勝すれば、2022年の米ツアー(USLPGA)「HSBCチャンピオンズ」の出場権を得られる。大会前日のこの日は、激しい雨が降る前に練習ラウンドを終えた安田。「USLPGAは自分のゴルフをレベルアップさせてくれる場所。出場できるように頑張りたい」とした。(千葉県市原市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!