ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

河本結は4打差守れず惜敗2位に「情けない」/最終日一問一答

2021/03/28 15:56


◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 最終日(28日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72)

大会連覇を目指して4打差の単独首位から出た河本結は、1バーディ、2ボギーの「73」とスコアを伸ばせず、「67」で回った岡山絵里に逆転されて1打差の2位。1打差を追って迎えた最終18番(パー5)は、ピンまで残り230ydの2打目を3Wでダフって、40ydショート。左足下がりのライから狭いスペースに切られたピンに寄せることは難しく、ピン左5mほどにつけたものの、バーディパットを決めることができなかった。以下、一問一答。

<< 下に続く >>

――いまの心境は?
情けないなと思います。かっこ悪いし、悔しいです

――最終日はどういう気持ちで挑んだ?
一昨年の自分の優勝スコア(15アンダー)を更新しようという気持ちでスタートしました。昨日のようなマネジメントだったけど、7番、8番とチャンスを決められず、10番(パー5)も獲れなくて、全体的に流れが悪かったと思います

――(1打差で迎えた)最終18番は?
セカンドが狙える距離だったので、イーグル狙いくらいで行ったけど、セカンドをダフってしまって、行っちゃいけない40ydの距離を残してしまった。悔しいのはセカンドのダフリです。後半は身体がかなりバテてきて、下半身がブレブレでした。先週(の扁桃炎)で体力がガクンと落ちたのもあるけれど、そこを調整できなかった自分がプロとしてありえないし、情けないです

――次週から米ツアーですが
今後、3試合アメリカツアーに行って、4週間向こうにいるけど、まだ目標がうまく定まっていなくて…。とにかく来週のメジャー(「ANAインスピレーション」)は精一杯、自分のプレーをしたいなと思うけど、今はこうして自分が2位で話しているっていう情けなさと悔しさとで、頭が回らないです

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!