ニュース

国内女子明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

想定外の好発進? 渋野日向子も「びっくりしています」

2021/03/12 17:46


◇国内女子◇明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ初日(12日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

渋野日向子原英莉花勝みなみと同組となった大会初日。渋野は「“まんしけ”(しらけていた)でした」と無観客でのラウンドを自虐的に笑ったが、黄金世代トリオについて歩いた多くの報道陣だけでなく、インターネットのライブ配信を介しても多くのファンが見守っていたに違いない。

<< 下に続く >>

2021年、渋野は変化を続けている。ウェッジ4本を投入した新セッティングだけでなく、コンパクトなトップ位置から、シャフトを寝かし気味に下ろしてくるスイング改造は見た目にも顕著な違いだ。飛距離では同組2人に置いていかれることも多かったが「自分が飛ばなさ過ぎると思うより、2人が飛び過ぎると思って、欲を出さないようにしていました」と、今は飛距離よりも新スイングを固めることの優先度を上げている。

目標はスイングの安定感と再現性を高めること。低いトップ位置を指摘された渋野は「そこは意識してやっているので嬉しいかも」と笑顔で応えた。

「ちょっとずつ良くなればと思っていたけど、先週も20位以内(13位)に入れたし、びっくりはしています」と、初日を3バーディ、1ボギーの2アンダーで終えたことは嬉しい誤算だ。首位と3打差10位という好位置だが「優勝したい思いはあるけど、そんなに焦らずにできたらいい」と、今は結果を求めたくなる気持ちは自制している。

この日のベストホールに挙げたのは、残り95ydを51度のウェッジで1mにピタリとつけてバーディとした11番。その伏線は、ウェッジでの3打目を上6mにつけて2パットした3番(パー5)や、7mを沈めてバーディとしたものの、同じくウェッジで距離を合わせきれなかった7番(パー5)など。

「出したいキャリーは打てているけど、グリーンが固かったりしてランが出てしまっていた。アイアンも1Wも左右のブレは少なくなってきているけど、縦の距離感が合わなかった」という中で、距離を合わせきったのがこのホールだった。

「2年前はフェアウェイに真っすぐ向けばいいと思ってやっていたけど、今は風によって向く位置を変えたり、キャリーのこと(数字)や、抑えたショットを打ったりと、ない頭で考えるようになりました」とマネジメントも深まっている。

「雨が予想外に(降らず、天候が)もってくれたので、思ったより良いスコアで回れてよかったです。途中で(キャディの)早織さんと『降らないね~』って話した瞬間に降り出したので、話さなければ良かったですけどね(笑)」。ゴルフの中身は変わっても、笑いで締めることは変わらない。(高知県香南市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!