ニュース

国内女子JLPGA新人戦 加賀電子カップの最新ゴルフニュースをお届け

安田祐香「いい成績で」 新人戦でプロ初V目指す

2020/12/09 15:42


◇国内女子◇JLPGA新人戦 加賀電子カップ 事前(9日)◇グレートアイランド倶楽部 (千葉県)◇6488yd(パー72)

2019年プロテスト合格者14人による新人戦が10日から2日間競技で開催される。安田祐香は練習ラウンドを終えて、「今年最後の試合なのでいい成績で終わりたい。ゴルフの調子とか考えず、一打一打集中して、いい成績で終えられたらいいな」と意気込みを語った。

<< 下に続く >>

今大会の舞台は11月のレギュラーツアー「伊藤園レディス」(45位タイ)と同じ、千葉県のグレートアイランド倶楽部。総距離は同大会から約250ydほど短いセッティングとなっており、「グリーン上の難しさとかは一緒だけど、(総距離が)短くなっているのでアイアンとかで狙ってチャンスを作りたい」と戦略を練った。

ただ、9月「デサントレディース東海クラシック」を首痛のため欠場したこともあり、“寒さ”は最も警戒したいところ。現時点で首に「違和感」はあるが、治療によりスイングには影響がないという。「カイロを張ったり温めたりして、気を付けようという感じです」と説明した。

今季は14試合中10試合に出場してトップ10はゼロ。それでも「成績的には良くないけど、内容的にはいいゴルフができていた」と振り返った。オフシーズンでは「いっぱいご飯を食べてけがをしない体づくりを。自粛で(家で)出来るトレーニングをして、あとケアも大切なのでそこにも時間をかけたい」。技術面ではスイングは変えずにインパクト時のスピード強化に臨むつもりだ。

同じタイミングでプロテストに合格した西村優菜笹生優花は海外メジャー「全米女子オープン」(10日開幕/テキサス州・チャンピオンズGC)に出場する。「応援して自分も頑張ろうと思います」と、同年代の活躍も力にまずはプロとして初めての勝利を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGA新人戦 加賀電子カップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!