ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

“年内V宣言”から4試合 勝みなみは引き出し増やして全米女子オープンへ

2020/11/29 18:16


◇国内女子メジャー第3戦◇JLPGAツアー選手権リコーカップ 最終日(29日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

勝みなみが4バーディ、5ボギーの「73」で回り、通算10オーバーで2020年の日本ツアーラストゲームを終えた。

<< 下に続く >>

3ラウンド連続で「3」が並んでいたバーディ数は1個上積み。「いい感じのショットが出ていたので、そこが収穫。きょうは全米につながるプレーができたかな」。2年連続となる2週後の「全米女子オープン」(テキサス州チャンピオンズGC)に向け、スコア以上の手応えをにじませた。

コロナ禍に見舞われた未曽有の1年。毎週トーナメントが開催されていた昨年までとは様変わりした中、まず体づくりにフォーカスしてきた。その効果は「この2カ月(連戦で)やってみて、疲れが全然違う。やっていけば、どんどん飛距離が伸びている気もする」と実感している。

飛距離アップとともに曲がり幅も大きくなって苦しんだ時期もあったが、3バーディ、1ボギーで回った後半のプレーがヒントになる。「抑えめにというか、“飛ばない”スイングでやったら、全然曲がらなかった。(抑えめで打つと)去年と同じくらいの飛距離だけど、(目いっぱい)振らなくていい。1年間、ずっと戦っていく上では楽なのかな」

新たに増えた引き出し。「今年は『知る』年だったのかな。試した部分を整理してまとめて、何を省いて何を(引き続き)取り入れるか」と考えを巡らせた。

1カ月前の「樋口久子 三菱電機レディス」で最終日に6打差をひっくり返され、「今年、優勝します」と宣言。勝利に飢えたまま、海を渡る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!