ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

渋野脱帽のプレーぶりとゲン担ぎ 古江彩佳が2週連続Vへ首位発進

2020/11/19 19:38


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 初日(19日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

前半18番、グリーン左手前から難しいアプローチを求められた古江彩佳はエッジの一点を見つめた。「とりあえず勢いを殺せるところを探す。クッションさせ、あとは任せるしかない」。エッジまで10yd、エッジから左手前に切られたピンまでは7yd。50度で放った第3打は、狙い通りボールの勢いをエッジでバウンドして1m弱に寄った。

<< 下に続く >>

「完璧」と笑みを浮かべ振り返るパーセーブで、流れを止めず6バーディ、ボギーなしの「65」。「伊藤園レディス」に続く2週連続優勝に向けて西村優菜笹生優花と並ぶ、首位発進を切った。

18ホールの攻め方を目の当たりにした同組・渋野日向子が「すべてにおいて完璧。アイアンのコントロールがうまくて、いっちゃいけないところにいかない。アイアンの精度は歯が立たないし、攻め方の勉強になる」と古江のプレーぶりを絶賛した。本格参戦1年目ながらパーセーブ率(91.8919)、リカバリー率(75.9777)、ダブルボギー率(0.3003)で全体1位をキープしている。

ツアー3勝の躍進を支えるのは、緻密なマネジメントや小技だけではない。ゲン担ぎを大事にする20歳。トーナメント期間中は“勝つ”に重ねて豚カツを食べることが多く、今大会は前年4位の好イメージを思い出すように前年と同じハウスキャディを起用した。

「去年と同じ方。去年一緒に頑張れたので、今年も一緒に頑張りたいなと思いました」と話す。「(マネジメントは)最後は自分で決める。ハウスさんだと自分で考えることも多くなるので、うまくマネジメントできるか試す機会にもなる。4日間で勝てる選手が強い選手、そういう選手になりたい」。真価を自らに問う舞台になる。(愛媛県松山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!