ニュース

国内女子TOTOジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

笹生優花「63」も「ヤバイことはしてない」 3位畑岡奈紗の仕上がりは「6、7割」

◇国内女子◇TOTOジャパンクラシック 最終日(8日)◇太平洋C美野里C (茨城県)◇6554yd(パー72)

今季2週連続優勝を飾ったツアールーキーの笹生優花がボギーなしの9バーディ、「63」をマークした。自身のベストスコアタイでもあるが、「ショットでベタピンについたとかもなく、フェアウェイにいったし、パターもまあまあ入ってくれた。すごいヤバイことはしていない」と淡々とプレーを振り返った。

<< 下に続く >>

7アンダー12位からのジャンプアップで、一時は首位の申ジエと並んだが、プレーオフの可能性は「20%あるかなと思っていたくらい」と19歳らしからぬ冷静沈着ぶり。プレー中も「首位との差とかは本当に頭になくて、ルーティンとかに集中していた」と“楽しくゴルフをする”というモットーを貫き通し、3打差の通算16アンダー2位で終えた。

2020年での試合も残りわずかとなってきたが、勝利数は特に掲げずにルーキーイヤーを走り切るつもり。「まだプロになったばかりなので、何をやればいいかははっきり決まっていない状態。いろいろ経験して勉強を」と話した。

一方、米ツアーを主戦場にする畑岡奈紗は7位から出て「66」でプレー、通算14アンダー3位で国内ツアー2戦目を終えた。前半8番(パー3)で1m弱に寄せるなど3日間通して「ショットは一番よかった」とうなずいた。

それでも「6割、7割くらいの仕上がりで、これだとなかなか上に行けないと思う」と満足はしていない。4位で終えた10月の「全米女子プロ」時の仕上がりが「100に近い9割くらい」とし、12月に開催される今年最後の海外メジャー「全米女子オープン」(12月10~13日/テキサス州チャンピオンズGC)に向けてもギアを上げる。「(全米女子は) 予選ラウンドが2つのコースでやるみたいなので、しっかりコースは頭に入れてしっかりボールの打ち分けをするのが大事かなと思います」と早くも気持ちを切り替えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 TOTOジャパンクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!