ニュース

国内女子デサントレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

経験から選ぶ「刻み」 李知姫がキャリアベストコースでV争い

2020/09/19 17:27


◇国内女子◇デサントレディース東海クラシック 2日目(19日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6456yd(パー72)

41歳の李知姫(韓国)は新南愛知CCの攻略法を熟知している。「ラフが深い、ティショットは刻んでいる」。ドロー弾道が好調だが1Wを持つのは4つのパー5に限る。「2番も3W、10番は7W。フェアウェイはほとんど外していない」。首位と2打差の3位に浮上し、若手、中堅、ベテランが名を連ねるリーダーボード上位を見ながら言った。

<< 下に続く >>

今季5試合の優勝者の平均年齢は22.2歳。若手がけん引する女子ゴルフ界で、この日は20歳の古江彩佳、28歳の東浩子がトップに浮上した。29歳のサイ・ペイイン(台湾)は3打差4位、34歳の藤田さいきは4打差5位と優勝を狙える位置から追いかける。

若手が目立つ今季には“珍しい”順位表。前年大会初日にキャリア自己ベストになる「63」をマークしたコースで、2度の3連続バーディを含む7バーディ、ボギーなしの「65」でプレーした李は「わからないけど、ラフが深いので私は刻む。その辺が(経験値として)あるのかなと思います」とマネジメントの重要性を挙げる。

3位で最終日を迎えた前年は渋野日向子が8打差を逆転する優勝。「あれだけ勢いがある選手が伸ばせば追いつけない。去年のスコアはまだいけると思えた記録でしたし、あれでまたモチベーションが上がりました。あすは集中したい」と多様な世代での優勝争いを歓迎した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 デサントレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!