ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

世界ランクは437位 田辺ひかりが“重圧フリー”で最終日最終組

2020/09/12 18:39


◇国内女子メジャー第1戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(12日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640yd(パー72)

自宅はコースから車で40分ほどの(広島県)福山市内。コースは今年に入って10回以上はラウンドしており、「地元でやっている感が強い。落ち着いてやれていると思う」と23歳の田辺ひかり。大会3日目にノーボギーの「67」をマークして、首位と1打差の通算10アンダー2位に浮上した。

<< 下に続く >>

ここまでは順調そのものだ。今週の目標はこれまで1度も到達したことがない2桁アンダーとしていたが、3日目でそれを達成。「きょうが一番良かったです。きのうまでは逃げているようなティショットもあったけど、きょうはしっかり振り切れた。なんでかは、わからないけど…」と、調子も週末に向けて尻上がりだ。

出身は広島国際学院高校で、日本人初のアジア下部ツアー賞金王に輝いた関藤直熙と同学年。1学年下でアマチュア世界ランク1位の金谷拓実とも、今年に入って2度ラウンドをしたという。さらに、同郷の佐伯三貴にも数ヶ月前から師事している。

「気合いが入ったときに左肩が突っ込んで、左に捕まるショットがでる癖を指摘されたり、ポイントポイントのミスに対するアドバイスを頂いています」と田辺はいう。

その佐伯は、今大会のインターネット中継で解説デビュー。この日は弟子にインタビューをしたあとに、「みんなにゴルフノートを書かせているけど、彼女はめっちゃ細かくて丁寧です」と、その真面目な性格を評価した。

2016年のプロテストに合格し、ツアーでの最高位は6月の開幕戦「アース・モンダミンカップ」での17位で世界ランクは437位。メジャー大会の3日目を終えて、首位とは1打差の好位置だが、田辺は「自分自身に期待していないので、優勝を目指してやるって感じはないですね」と重圧は感じていない。

観客が入場できれば、多くの友人・知人が来るであろう最終日を前にしても、「こうやって上位で戦えているのも初めてなので、これからに生かしていける経験ができたらいい」とマイペースだ。

「4日間アンダーで回りたい。あすも60台が目標です」と、平常心でメジャーの最終日最終組に挑んでいく。(岡山県笠岡市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!