ニュース

国内女子マルナカレディースオリーブカップの最新ゴルフニュースをお届け

プロ2年目の木戸愛が逆転で初優勝を飾る

09年ステップアップツアー第2戦「マルナカレディースオリーブカップ」が、5月23日(土)と24日(日)の2日間、香川県にある高松ゴールドカントリー倶楽部で行われた。

大会初日はこの日唯一人60台で回った甲田良美が通算3アンダーで単独首位に立ち、1打差の2位タイに塩崎亜美と高島幸が続いた。さらに1打差の通算1アンダー、4位タイには、藤野オリエ、山口千春、木戸愛ら8名がひしめく混戦模様となった。

迎えた2日目、首位スタートの甲田は2番でダブルボギーを叩いてしまい、その後2つのバーディを取り返したものの前半に1つスコアを落とすと、後半もスコアを伸ばせず優勝戦線から脱落してしまう。

塩崎、高島らもスコアを伸ばせない中、9番から3連続バーディを奪った山口が通算4アンダーで首位に浮上する。その山口に食らいついたのは、13番で3m、14番パー3では20ヤードをチップインして連続バーディを奪い通算3アンダーとした木戸。山口が15番でダブルボギー、続く16番でボギーを叩いて後退する中、木戸は残りホールをパーで凌ぎ切って、通算3アンダーでホールアウト。2位の山口に2打差をつけて、プロ入り後の初優勝を飾った。

「上がりホールはほとんどアゲインストだったので、番手を2つ上げて対応しました。本来なら1番手あげるところだけど、緊張していたのでゆったりスイングが出来るように2番手あげました。プロテストに合格してから、緊張することはなかったけど、今日は緊張しました」と振り返った木戸。この試合に勝ったことで、「リゾートトラストレディス」から4試合のレギュラーツアーの出場権を獲得した。

「とても嬉しいです。早くレギュラーで戦える選手になれるように、明日からまた練習に励みます。(レギュラーツアーでは)予選通過は絶対したい。その中でも良い成績が収められるように頑張ります」。昨年プロテストに合格した若干19歳、身長172cmと体格にも恵まれた楽しみな選手が結果を残した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 マルナカレディースオリーブカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。