ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子、宮里藍、上田桃子…ご当地プロの活躍を調べてみた

2020/04/16 06:45

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、トーナメントの中止が続いている国内女子ツアー。試合数が減ることで、例年に比べて優勝回数や賞金総額は大きく変わってくる2020年。とはいえ、選手にとってシーズンを通じて大きな目標は変わらない。優勝はもちろんだが、賞金ランク50位以内に与えられる来季の出場権をかけた賞金シードの獲得だ。

そこで2000年から2019年までの20年間、賞金ランク50位以内の選手1000人の出身地を調べ、47都道府県の活躍ぶりを比べてみた。

<< 下に続く >>

まず1位がツアー50勝で永久シードの不動裕理上田桃子有村智恵らの熊本で76回。2位が07年から11年連続で賞金シードを保持した服部真夕穴井詩原江里菜らの愛知の68回が続いた。

52回の3位に吉田弓美子西山ゆかり原英莉花らの神奈川と村口史子葭葉ルミ永井花奈らの東京が並んだ。

元世界ランク1位の宮里藍さんの沖縄は36回で7位。昨年、国内ツアー4勝の渋野日向子の出身地の岡山は13回で20位につけた。

一方、秋田や奈良など2000年以降に一度も賞金ランク50位以内に入っていない地域が9県あった。

ツアーは、第12戦「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」まで中止が決定。開幕の見通しはいまだ不透明だが、再開後は、こんなご当地出身プロへの応援で盛り上がるのも一興だ。

<2000年以降、賞金ランク50位以内に入った出身地別の主な選手>

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!