ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

西郷真央がミズノと契約 2020年の目標は「最終戦出場」

2020/02/17 19:00


2019年プロテストに18歳で合格した西郷真央(千葉・麗澤高3年)が17日、ミズノとブランドアンバサダー契約を結んだ。契約は今年2月1日から複数年。用具用品などを使用する。都内で行われた発表会で「ミズノの契約選手になれたことを本当に嬉しく思います。これからミズノアンバサダーとしてツアーで活躍できるように頑張ります」と笑顔を見せた。

同社製のクラブを握ったのはゴルフを始めた5歳の時から。きっかけは父・雄史さんがミズノ製クラブを使用していたからだという。「父のキャディバックに大きくミズノのマークが描かれていて、それがかっこいいと思って」と憧れを持ったそう。現時点で、3月に発売される「ST200Xドライバー」をバッグに挿しており、「安定して飛距離が出るようになってきた。キャリーを入れて250ydほど。前年より10ydぐらい変わった」と話した。

プロになって迎える初めてのシーズン。年末の最終予選会(QT)を10位で終え、第1回リランキングが実施される前の「大東建託・いい部屋ネットレディス」(7月23日~)までの出場権を手にしている。「まずは後半戦に出られるように前半戦でしっかりプレーして、一年間の目標としては来季のシード権獲得と、最終戦出場です」と抱負を語った。

尾崎将司が主宰する「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生で、「せごどん」と愛称で呼ばれることには「光栄です」。年明けにはその師匠に挨拶に出向き、「プロなんだから、アマチュアとは違うんだぞ。そこをしっかり理解して練習していきなさい」と言葉を授かった。苦楽をともにしてきた“武器”でプロとして戦う日々が始まる。(編集部・石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!