ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛は女王奪還まであと1日「最後もいい意味で裏切って」

2019/11/30 17:16


◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(30日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6535yd(パー72)

賞金ランキングトップの鈴木愛は首位と8打差の17位から出て、4バーディ、2ボギーの「70」でプレー。通算1アンダーとして首位と6打差の12位に差を詰めた。「(3日間で)一番流れをつかんだまま行けたかなと思うんですけど、11番、12番がもったいなかった。ほんとにそれさえなければという感じです」と中盤の2連続ボギーを悔やんだ。

出だしの1番で124ydの2打目を9Iで1mにつけてバーディを先行し「きょうは行けるぞという感じがした」。波に乗りたかったところだが、「いいパットをしても入らなかった」とこの日もグリーン上で苦戦を強いられ、パーを並べる我慢のゴルフが続いた。9番(パー5)でバンカーから1mに寄せ、ようやく2つ目のバーディ。連続ボギー後、13番(パー5)で3打目を10㎝につけると、14番で4mを決める連続バーディで取り返した。

初日から高麗グリーンを攻略できず、フラストレーションのたまるゴルフを強いられ、前日のラウンド後には遅くまで練習グリーンで調整に励んだ。思ったところには打てているが「悪くないんですけど、とにかく入ってくれない」。この日も「浅く読むと切れるし、深く読むと切れないし、じゃあどこに打てばいいの」と、居残り練習は結果に結びつかなかった。「あしたぐらいは入ってくれるだろうと思いたい」と、最終日のカギもグリーンの読みに絞られそうだ。

首位との差は1日で2打縮まった。「上位があまり伸びていないので、自分がビッグスコアを出せればもしかしたら優勝のチャンスもあるかもしれない。それを狙って悪かったら仕方ないですし、とにかくあした18ホールは攻めていきたい。悔いなくやれれば、あとは結果がどうなってもしょうがないのかな」と気持ちは固まった様子だ。

王手をかけている2017年以来2度目の賞金女王タイトルは、単独2位以上で奪還が決定する。3位以下となるとランク2位の申ジエ(韓国)、3位の渋野日向子に逆転の可能性を与えることになる。3日目を終えて申は17位にいるが、渋野は3位で最終ラウンドに進むため、女王争いは一騎打ちの様相を呈してきた。

仮に渋野が優勝しても、鈴木は単独2位で決定。渋野が単独2位の場合、鈴木は9位以上で女王となる。「正直、(10月下旬に)復帰した時点で申ジエさんとだいぶ差(約3300万円)があったので、ここまで来られると思っていなかった。申ジエさんや渋野さんが勝つと思っていた人がほとんどだと思う。ある意味ここまで裏切ってこられたので、最後もいい意味で裏切って、自分が賞金女王になれたらいいのかなと思う」と気合を入れた。(宮崎県宮崎市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。