ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

森田理香子VS森桜子 実力者同士の決勝戦へ/日本女子アマ

兵庫県にある廣野GCで開催されている、第50回日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は大会4日目を迎えた。この日はマッチプレーでベスト8に勝ち残った選手たちによる準々決勝、そして午後には準決勝が行われ、最終日の決勝戦36ホールのマッチプレーに進出する選手が確定した。

決勝戦に駒を進めたのは、森田理香子朽木ゴルフ倶楽部)と森桜子扶桑カントリー倶楽部)の2人。森田は2004年から日本女子アマに出場し、昨年のベスト8が自己ベストだった。準々決勝では京都学園高校時代の後輩、宮澤亜衣と対戦し3アンド1で勝ち進むと、準決勝では荒井舞を2アンド1で下し、初の決勝進出を決めた。

一方、森はこの大会2006年に優勝を果たしている。当時東北高校2年生だった森は、ダークホース的な存在だったが、決勝戦では6アンド5と圧勝。勝負強さが発揮されれば、経験の上では森が一枚上手かもしれない。準々決勝では、優勝候補の一角、藤本麻子を4アンド2で破り、準決勝では大学3年生の新里菜苗を5アンド4で圧倒した。

森田、森の2人とも来季はプロゴルファーとしての活動をもくろんでいる。したがって、アマチュア競技は今年が最後。36ホールのマッチプレーは精神面での強さも試される。50回の記念大会を制するのはどちらか。明日、長い戦いが行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!