ニュース

国内女子プロミスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

和田委世子の復調には、同級生の宮里藍の支えが

2008/06/27 18:52


「プロミスレディス」初日。今季は13試合に出場して予選落ち6回、最高位は18位タイと不調が続いていた和田委世子が、自己ベストを更新する「66」をマーク。首位と1打差の2位タイ発進とした。

好調なプレーの影には、現在アメリカで「全米女子オープン」に出場中の宮里藍の支えがあった。和田と宮里は、東北高校の同級生で寮のルームメイトでもあった程の仲。今年の5月ごろ、ゴルフに行き詰まっていた和田は、宮里に電話をしてアドバイスを乞うたという。

宮里の答えとは、「結果を求めず、“今日は自分の中でコレをする”と決める」こと。スコアを求めずに自分のプレーに徹することは、日ごろ宮里がよく実践しているプレースタイルだ。それまでは「ミスを恐れて、思い切りやりきれていない自分がいた」と振り返る和田。以後は宮里のアドバイスを参考にし、「段々とスコアが出て来てはいました。今日もしっかり守って、18ホールをプレーすることだけを思っていました」と笑顔で話した。

「全米女子オープン」への出場を目標の1つとしている和田は、今朝はコースへ向かう車中で「全米女子オープン」を観戦。宮里に関し、「去年悪かったけど、その中ですごく頑張ってきているのは知っていました。集中して1打1打、打っている姿はすごい。自分も足りないところを練習して、近づけたらいいなと思います」と、自分の将来の姿を、テレビの向こうでプレーする宮里と重ねていたようだった。12位タイ発進とした宮里と共に、好スタートを切った和田。今週はこの2人が日米を沸かせるか!?

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 プロミスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。