ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

池に消えた4連勝…鈴木愛「自分でもすごい」

2019/11/24 19:30


◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(24日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6580yd(パー72)

17番(パー5)。2.5mのパーパットを外すと、鈴木愛は両ひざから崩れ落ちるようにしゃがみこんだ。極度の緊迫感が張り詰め続ける中で、ため息が漏れる。バーディ必須の場面で、1打目を池に入れるミスからのボギー。同組・渋野日向子に1打及ばず、ツアー史上初の4連勝を逃した。

まさにデッドヒート。最終組の2つ前で、渋野との激しいバーディ合戦を繰り広げた。前半2番で先手を打つ初バーディ。追いつかれた後、右ラフから絶妙に寄せた9番(パー5)で再び先んじた。後半に入り再逆転を許したが、12番では下り6mをねじ込んでバーディ。「自分のプレーに徹していた。特に(渋野のプレーを)見てなかった。自分ができることをやった」と力強く拳を握った。

最終18番は4mのバーディパットを入れ、単独2位に滑り込んだ。賞金ランキングは1位をキープ。「運がない場面が多かった。自分は伸ばしたけど、(渋野が)それより良かっただけ。特に何かを思うわけではない。2位で終えたら(賞金3位の渋野と)そんなに差がつまらないので、最後は絶対に入れたいと思っていました」。あふれ出る悔しさを抑えるように、平然と言った。

賞金ランク2位の申ジエ(韓国)とは1498万8470円の差。最終戦単独2位以内で、自力で2年ぶり2度目の賞金女王が決まる。「来週の日曜日に最高の形で終われたら、それで良い。4連勝を狙った中で、これだけ良い成績を残せたのは、自分でもすごいと思う。普通は予選通過くらいだと思う」。敗れてもなお、矜持(きょうじ)をあらわにした。(愛媛県松山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。