ニュース

国内女子NOBUTA GROUP マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

“ノーメーク”の失敗談も イ・ボミ2年ぶりの最終日最終組

2019/10/26 17:46


◇国内女子◇NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 3日目(26日)◇マスターズGC(兵庫)◇6510yd(パー72)

イ・ボミ(韓国)が2年ぶりの最終日最終組に入った。前日順延した未消化分を含め、計22ホールを回り、首位と5打差の通算9アンダー3位につけた。2015、16年賞金女王が「一番勝ちたい」と力を込めたホステス大会で、最後に最終日最終組に入った17年「CAT Ladies」以来になる通算22勝目へ望みをつなげた。

3位から出た第3ラウンドでは終盤に意地を見せた。「前半にパットが入らない場面もあった。下からの選手も(スコアが)伸びてきていて」。手前35ydの第3打を1mに寄せた15番(パー5)から、手前3mを入れた17番(パー3)まで3連続バーディ。4バーディ、1ボギーの「69」とスコアを伸ばした。

所属先でもある延田グループの主催大会で、通算14アンダーまで伸ばした首位テレサ・ルー(台湾)に食らいついた。「私も、会社のために仕事しました」とおどけた。

未勝利の今大会での最終日最終組は、3位で終わった15年大会以来になるが、「すごく緊張していて…。朝、メークをするのを忘れてしまったんです」と失敗談を明かした。16年のカレンダーには“ノーメーク写真”が使用されており、「その写真を見て…。明日はちゃんとメークをしないと」と笑いを誘った。

過去最悪の賞金ランキング83位だった昨年と比較すれば、確実な復調気配が漂う。「ショットもミスがあった。ただ、まだ1日残っている。明日も良いプレーができるようにしたいです」と稲見萌寧テレサ・ルーとの最終組を見据えた。(兵庫県三木市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!