ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子と畑岡奈紗 過去3試合の“共演”は優勝を分け合う

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報(9日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

8月の「AIG全英女子オープン」で日本人女子42年ぶりの海外メジャー優勝を遂げた渋野日向子と、世界ランキングでは日本勢最上位の9位につける米ツアー3勝の畑岡奈紗が、今季国内ツアーで初めて顔を合わせる。

同学年の2人が過去に国内外のツアー競技で出場をともにしたのは、2016年と17年の「日本女子オープン」、そして5週前「全英女子」の3試合。いずれも、渋野か畑岡のどちらかが優勝している。

■2016年「日本女子オープン」 烏山城CC(栃木県)

畑岡奈紗/通算4アンダーで優勝
渋野日向子/通算18オーバー108位で予選落ち

当時17歳の畑岡が、アマチュアではツアー史上初となるメジャー制覇を達成。さらに17歳263日での優勝はメジャー最年少記録を樹立する快挙となった。渋野は「74」「86」と大きく崩れ、通算18オーバーの108位で予選落ちに終わった。

■2017年「日本女子オープン」 我孫子GC(千葉県)

畑岡奈紗/通算20アンダーで優勝
渋野日向子/通算9オーバー110位で予選落ち

1年後にツアーで再会した2度目の顔合わせでも、主役に立ったのは畑岡だった。後続に8打差をつける通算20アンダーで独走し、樋口久子以来40年ぶりとなる大会連覇。同年からルーキーとして臨んだ米ツアーでは苦戦が続いたが、国内では無敵の強さを見せつけた。渋野は通算9オーバーの110位で予選落ちだった。

■2019年「AIG全英女子オープン」

渋野日向子/通算18アンダーで優勝
畑岡奈紗/通算8オーバー124位で予選落ち

海外ツアー初挑戦の渋野が通算18アンダーで優勝を飾り、1977年「全米女子プロ」を制した樋口久子に次ぐ日本人女子2人目のメジャー制覇を達成した。畑岡は通算8オーバーの124位で予選落ちに終わった。

16年「日本女子オープン」を終えた時点の世界ランキングは畑岡が181位、渋野は1120位と大きな差があった。それから3年が経ち、畑岡は日本勢トップの9位、渋野は2番手に続く13位まで浮上。日本の女子ゴルフ界を引っ張る存在に成長した2人の4回目の共演大会が、間もなく幕を開ける。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。