ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

今季2戦目の国内メジャー 渋野日向子にかかる記録あれこれ

2019/09/10 07:15


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報(9日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

今季国内メジャー第2戦では、渋野日向子にかかる複数の記録に注目が集まる。(1)連続オーバーパーなしラウンド(2)生涯獲得1億円突破の日本人最短達成(3)日本人史上2人目のルーキーイヤーでの賞金1億円突破(4)国内メジャー2連勝--がそれだ。

(1)6月の「ニチレイレディス」第1ラウンドから2週前の「ニトリレディス」最終ラウンドまで28ラウンド連続でオーバーパーなしとしており、2013年にアン・ソンジュ(韓国)が樹立した歴代1位の記録に並んだ。今大会の第1ラウンドでオーバーパーをたたかなければ、ツアー新記録となる。なお、優勝した5週前の海外メジャー「AIG全英女子オープン」を含めると、現時点で32ラウンド継続中。

(2)昨季までの獲得賞金額は0円だったため、今季獲得した9079万4570円が渋野の現在の生涯獲得賞金額になる。今大会の単独5位に相当する920万5430円を獲得すると、出場23試合目での生涯1億円を達成し、宮里藍さんの27試合を抜く日本人最短記録となる。海外選手を含めると、申ジエ(韓国・15試合)、フォン・シャンシャン(中国・17試合)、朴仁妃(韓国・19試合)、アン・ソンジュ(韓国・21試合)に次ぐ記録になる。

畑岡奈紗は今大会で2位以内に入れば、17試合目での生涯1億円突破となる。

(3)シーズンで区切れば、本格参戦1年目での1億円突破は2004年の宮里藍さん以来、日本人女子2人目となる。渋野はシーズン途中に今季の目標を「1億円獲得」と定めている。

(4)ツアー初優勝した「ワールドレディスサロンパスカップ」に続く国内メジャー2連勝がかかる。2008年に公式戦に加わった「サロンパスカップ」と今大会の2連勝は、18年の申ジエ(韓国)、09年の諸見里しのぶの2例がある。海外メジャーを含めた3連勝となると、1976年から77年にかけて「日本女子オープン」、「全米女子プロゴルフ選手権」、「日本女子プロゴルフ選手権大会」を制した樋口久子以来だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。