ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

大槻智春 11歳で亡くなった兄に捧げる初優勝

2019/05/26 20:06


◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 最終日(26日)◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043yd(パー72)

「いろいろなことが頭をよぎりました。きょうの結果は忘れられない。最高の息子です」。18番グリーンで行われた表彰式で優勝カップを受け取る大槻智春の姿を見て、父・隆さん(70)は感慨を噛み締めた。

大槻が生まれる前、会うことのないまま他界した兄がいた。長男・智之さんが、1989年に脳腫瘍のため11歳で死去。大槻と同じく7歳からクラブを握り、ゴルフも成長も伸び盛りのときに大病に冒された。「今のままでは家の中が暗くなる」。失意のどん底に突き落とされたその1年後、妻・佳江さん(68)との間に新しい命を授かった。名前は、長男から一文字をとり「智春」と名付けられた。

「智春が生まれたこと。私の一生の中で、それ以上の喜びはなかった」という隆さん。大槻は “スパルタ”を自称する父の厳しい指導のもと、めきめきと腕前を上達させていった。大槻は「調子が悪いときは、大会のあとでも1000球くらい打ち込んだ」と、苦笑いでジュニア当時を回顧する。

大槻は言う。「昔からその話は聞いていた。(智之さんに)会ったことはないけれど、自分も頑張らないといけないな、とは思った」。顔をみたことがない兄の存在は、少なからず大槻のゴルフ人生の一部になっている。

3日目を終えて首位と3打差の息子を見るため、隆さんは「絶対に行かないといけない」と自宅の茨城県神栖市から深夜0時に車を出し、不眠のまま7時間をかけてコースに駆けつけた。「頑張ってきた甲斐がありました。最高の気分でゆっくり帰ります」。穏やかに微笑み、幸福感に浸りながら長い帰路についた。(奈良県奈良市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。