ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

石川航がツアー初のアンダーパー “兄貴分”の星野陸也は首位争い

2019/05/23 20:17


◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 初日(23日)◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043yd(パー72)

推薦で出場する石川遼の弟でアマチュアの石川航(日体大2年)が4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの1アンダー「71」で回り、レギュラーツアー7試合目の出場で初のアンダーパーを記録した。順位でも24人が出場するアマチュア勢で2番手につける37位タイとし、初めての予選通過も見えた。

前半の4番でダブルボギーが先行したが、「きょうはショットが良くて、バーディパットもベタピンが多かった」と着々とカムバック。6番と13番(パー5)では1mにつけてスコアを伸ばし、終盤17番(パー5)ではピンまで5mに2オンしてイーグル逃しのバーディを奪った。

今週は組み合わせにも恵まれている。兄と同じマネジメント事務所で練習をともにすることが多い星野陸也と同組になり、「リラックスしてできた」という。星野との同組ラウンドは、2016年と18年の「RIZAP KBCオーガスタ」に続き、今週で3試合目となる。

その星野も石川の成長を実感しているようで、「久々にワタルを見て、スイングが変わっているのが分かったし飛距離も出ていた」と評価。「大学で頑張っているんだなと感じた」と目を細めた。

星野自身も5バーディ、ボギーなしの5アンダー「67」をマークし、首位に1打差の4位タイと絶好のスタート。2日目を終えて、ともに笑顔で週末を迎えるか。(奈良県奈良市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。