ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

「勝たないとなにも残らない」今平周吾は無念の2位

2019/05/05 19:02


◇国内男子◇中日クラウンズ最終日(5日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

最終18番で沸き起こった大歓声は、プレーオフに備えていた練習グリーンで今平周吾の耳に届いた。最終日のベストスコア「66」で通算8アンダーと追い上げたが、優勝した宮本勝昌には1打及ばず2位に終わった。

<< 下に続く >>

17番(パー3)で3mのバーディパットを沈めて通算9アンダーとした。単独首位に立ったが、最終18番でフェアウェイから残り111ydを、52度のウェッジで手前バンカーへ入れてつまづいた。「(同組の)藤田さんが打ったときはフォローだったけど、僕が打つときにアゲンストに変わった。(風で)あおられて、届かなかったです」とボギーをたたいた。

それでも、首位に並んでホールアウトしたが、最終18番で宮本が長いバーディパットを沈めて勝負は決着。「2パットになるかなと思ったけど、あれを入れられたらしょうがない」と悔しさは飲み込んだが、「勝たないとなにも残らない」と、もどかしさも残っている。

シーズン3勝を目標に掲げる賞金王は、2週間後の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」に出場予定。「優勝して弾みにしたい」と、気持ちを高めたまま次週「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」(総武カントリークラブ 総武コース)に挑む。(愛知県東郷町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!