ニュース

国内男子Hitachi 3Tours Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

マークセンは米国シニア挑戦を見送り 来年も日本が主戦場

◇国内ツアー対抗戦◇Hitachi 3Tours Championship(9日)◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)◇3658yd(JGTO)、3380yd(PGA)、3113yd(LPGA)=9ホール(パー37)

12月初旬に米国シニアツアー(チャンピオンズツアー)の最終予選会に初挑戦したプラヤド・マークセン(タイ)が、オフシーズン恒例となった国内3ツアーの対抗戦に出場した。3年連続賞金王として率いる国内シニア(PGA)は6年ぶり3回目の優勝を飾り、最優秀選手(MVP)に選出されるなどチームの勝利に貢献した。

米国フロリダ州のTPCタンパベイで4日間にわたり行われた最終予選会は、通算5オーバーの27位タイ。来季出場権が得られるトップ5に入れなかった。30位タイまでに付与される準メンバーの資格は得たが、出場資格は各大会の予選会(マンデートーナメント)に限られることもあり、「(米国には)行きません」と明言した。

来年もこれまでと同じく日本を主戦場とし、国内シニアとレギュラーツアーを掛け持ちしながらプレーする。4年連続のシニア賞金王を狙う一方で、「アジアンツアーにも少し出るつもりです」とスケジュールと相談しながら海をわたる予定だ。

この日、同組でプレーした国内男子(JGTO)チームの石川遼は、「マークセンさんはドライバー、アイアン、パットがぜんぶ良くて、間違いなくMVPだと思った。来年はJGTOチームで出るんじゃないかと、僕らの中で噂になっています」と笑い、衰え知らずの52歳に感心しきり。来年もシニアツアーを戦うライバルたちにとって脅威の存在になりそうだ。(千葉県成田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 Hitachi 3Tours Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。