ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

姉・琴乃が観戦 香妻陣一朗が10位に浮上

国内男子◇マイナビABC選手権 2日目(26日)◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7217yd(パー72)

39位からスタートした香妻陣一朗が6バーディ、1ボギー、この日のベストスコアに並ぶ「67」をマーク。姉で女子プロゴルファーの香妻琴乃が応援に駆けつける中、通算5アンダーの10位タイに浮上して決勝ラウンドに進んだ。

<< 下に続く >>

初日から2日間にわたり、今週を休養に当てた琴乃がロープの外から観戦。「向こうから(応援に)来るって言われて」と、姉に見守られながらの予選ラウンドを好位置で終えた。「来たからどう、というのは…。関係ないと思います」とそっけない反応ながらも、姉が9月に飾ったツアー初優勝は弟にも少なからず変化を与えた。

「刺激にはならなかったけれど、姉ちゃんが優勝してうれしかったし、親も喜んでいた。僕も優勝して、親を喜ばせたいとは思いました」。

それよりも初優勝への意識を強める存在になったのは、ともに横峯さくらの父・良郎さんが主宰の「めだかクラブ」で腕を磨き合い、8月「RIZAP KBCオーガスタ」で初優勝した同じ鹿児島県出身の出水田大二郎だ。幼なじみからは「お前も勝てるよ、とは言われました」とハッパをかけられた。今季は秋吉翔太や出水田、稲森佑貴など九州勢が次々と初タイトルを手にし、周囲に“次はお前が勝てよ”と言われることが増えたという。

今季は夏場から予選落ちが続き、賞金ランキングは69位。来季シードを得られる65位の圏外にとどまっているだけに「久しぶりに60台が出てうれしい」と表情は明るい。この日は、今季の平均パット数で1位にとなったグリーン上のプレーが冴え渡った。苦戦が続く中、上位で迎える決勝ラウンド。「本当に久々なので楽しみですね」と自らのプレーに期待を込めた。(兵庫県加東市/塚田達也)

関連リンク

2018年 マイナビABCチャンピオンシップ



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!