ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

「本当に勝ちたい」石川遼はティショットに収穫の4日間

2018/10/14 17:24


◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日(14日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

35位で最終ラウンドを迎えた石川遼は、最終組から3時間ほど前のスタートながら大勢のギャラリーを引き連れてティオフした。1イーグル4バーディ、4ボギーと今週初の60台となる「69」とし、通算2アンダーの20位で今年のナショナルオープンを終えた。

初日から日替わりだったパターはこの日、3日目に続いてエースパターの「オデッセイ ix #9 プロトタイプ」を投入。序盤の1番、3番とファーストパットを2mほどオーバーさせて3パットボギーを喫したが、“それならば”と言わんばかりに、4番(パー5)ではグリーンの外からスーパーショットを披露した。グリーン右手前のガードバンカーから、約25ydの3打目を直接カップに沈めてイーグル。「最高のショットだった」と万歳をしてギャラリーの歓声に応え、それまでの重い空気を一掃した。

パットは「6番くらいから修正できた」とその後、安定感を取り戻した。「やっぱりエースパターはいいなと思う」と強い信頼を吐露した。

今週の一番の収穫は「4日間を通してミスが少なかった」というティショットだ。高いティアップで高弾道を打つ練習を取り入れることで、ダウンブロー気味だった1Wの軌道を修正し、安定性が増したという。

「本当に勝ちたいです」。例年、調子を上げてくる秋口に入り高まる優勝への思い。2016年8月「RIZAP KBCオーガスタ」から遠ざかっているタイトルへの渇望は強まるばかりだ。(神奈川県横浜市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。