ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

落胆大きく…アダム・スコットは通算6オーバーで終戦

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日(14日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

4度目の参戦となった「日本オープン」も、アダム・スコット(オーストラリア)は優勝争いに絡むことができなかった。通算6オーバーの50位。「とてもフラストレーションがたまる。今週のコースは自分が結果を出すには理想的だと思っていたのに良いプレーができなかった」と、寂しそうな顔をした。

初日こそ4アンダー「67」をマークしたが、以降3ラウンドは最終日の「74」を含み、オーバーパーが3日間並んだ。「木曜日に良いプレーをした後だったので、自分も少し驚いている」と苦笑い。

今夏から2本のパターをキャディバッグに入れるスコットは、この日の序盤は短尺パターを握ったが、「朝から良い感覚がなくて、ラインに乗せることができなかった」と、ボギー、ダブルボギーのスタートとなり、以降は長尺に持ち替えた。それでも、「パットはそこまで悪くない。アイアンショットが悪くて、近くにつけることができなかった。このグリーンはアンジュレーションが多いし、ロングパットはとても難しいものになる」と、ぶれたアイアンショットを悔しがった。

最終日は体調も崩し、喉と体に痛みがあった。連日、通訳を介したメディア対応、ファンへのサイン、そして練習を続けてきた。「熱はない。たぶん今夜かな」と、緊張の解ける日曜夜を警戒する。今年、スコットはあと2試合の出場を予定。次週の韓国と、その翌週の中国でのPGAツアー2連戦が仕上げとなる。

「結果にはとてもがっかりしているけど、日本での一週間は素晴らしいものだった。もっと良いプレーをして、みんなを喜ばせられたらよかったけど…」とスコット。「また来年もプレーできる機会があることを願っているよ」と、再挑戦を約束して締めくくった。(神奈川県横浜市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。