ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)の最新ゴルフニュースをお届け

飛び過ぎて…初優勝あけの星野陸也は3回戦負け

2018/09/05 18:05


◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝戦) 3回戦(5日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72)

「あー、負けた」。3日前の初優勝から開口一番、注目の22歳は深いため息をついた。前週の「フジサンケイクラシック」でツアー初優勝を飾った星野陸也は3回戦でラタノン・ワナスリチャン(タイ)に1ダウンで敗退し、最終18番までもつれ込んだ接戦を落とした。

前週はショットが冴え渡り、難関・富士桜カントリー倶楽部の大会コースレコードを更新する通算16アンダーをマークした。後続に5打差をつけて大器の片鱗を見せつけたが、この日は「アイアンの距離感がぜんぜんダメだった」とそのショットに苦しんだ。

中でも苦労したのが、チャンスに結び付けるショートアイアンの精度だ。高地でプレーした前週から約1000mの標高差も距離感を狂わせたのか、フェアウェイからなかなかピンに絡まない。今週は平地で打つ通常のアイアンの番手に戻したが、「いつもより5ydから10ydは飛んでいた」と飛び過ぎるショットに首をひねるホールが続いた。

惜敗は喫したが、中盤では周囲をうならす1打も披露した。9番(パー5)では、フェアウェイからの2打目を5Wでピン左1.2mにつけるスーパーショット。相手がギブアップして2アップのリードを築いたが、後半はアイアンの不調が「ドライバーにも来た」とティショットにも悪影響を及ぼし、終盤に逆転を許してしまった。

3回戦で早々と姿を消したが、あすは17位タイ決定戦が控えている。「しっかり勝って、自宅でゆっくりトレーニングをして、来週に向けて調整したいと思います」。疲労との戦いも続く中、次週につなげる有終の締めくくりとしたい。(埼玉県鳩山町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。