ニュース

国内男子RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今季2勝の秋吉翔太 トップの後輩にかける“圧”

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 3日目(25日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)◇7151yd(パー72)

今季2勝の秋吉翔太が通算7アンダーの8位タイで3日目を終えた。30位タイから7バーディ、1ボギーの「66」をマーク。ホールアウト後に実施されたイベント、アプローチコンテストでは優勝。首位に立つ高校時代の2学年後輩、出水田大二郎を4打差で追う準備を整えた。

ティオフ前の登場曲は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの球団歌「いざゆけ若鷹軍団」をチョイス。熊本出身、福岡在住の秋吉は地元の声援を味方にスコアを伸ばした。2番のボギー先行をものともせず、その後3度の2連続を含む7バーディ。「やっとショットとパットがかみ合った。きのうまでは違和感があったけれど、きょうは朝から良かった。何も変えてないんですけどね」と復調を実感した。

キャリアで初めての最終日最終組を経験するトップタイの出水田は、同じ鹿児島・樟南高OB。ルームメイトとして切磋琢磨した仲…と言えば聞こえがいいが、実際は「僕が3年のとき、大二郎は1年ですから!」と“下っ端”扱いをしていたのが真実だ。当時から自分よりも長身だった後輩にお願いしたのは「洗濯とか、『そこにあるの、取って』とか…」。ほぼ、パシリである。

とはいっても、一緒にいれば食事代を払うのは先輩の役目。最近では九州勢の一員として2014年の賞金王・小田孔明を筆頭に練習をともにする機会も多い。「接戦で優勝争いができれば楽しい。大二郎もそう思っているはず」。視線を送るリーダーボードは、待ち望んでいたシチュエーションでもある。

全組がラウンドを終えた後、18番グリーン脇では昨年に続き、アイドルグループHKT48のスペシャルステージを実施。その後、秋吉は「あまり得意じゃない…」というアプローチコンテストで40ydから1m17㎝に寄せて優勝した。6人の出場者の中には出水田(3m24㎝)もおり、ひとまず“先勝”。賞金30万円は主催の九州朝日放送を通じてチャリティに全額寄付することを決めた。

「あしたは大二郎に、後ろから“圧”をかけたいですね」。体育会の先輩は、いつまでも怖い。(福岡県糸島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。