ニュース

国内男子ダンロップ・スリクソン福島オープンの最新ゴルフニュースをお届け

後輩だって「半端ないって!」 稲森佑貴が5連続バーディ発進

2018/06/21 20:09


◇国内男子◇ダンロップ・スリクソン福島オープン 初日(21日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ (福島)◇6961d(パー72)

ツアー初優勝が待たれる稲森佑貴が首位に1打差の3位発進を決めた。午後のティオフ直後、前半10番からいきなり5連続バーディをマークするなど「65」。7アンダーで滑り出した23歳は、実はサッカー日本代表の“半端ない”ストライカーの後輩にあたる。

大会を主催するダンロップと用具契約を結ぶ稲森は、今大会でお披露目された未発売モデルのアイアンを握った。バックフェースに「Z585」と記されたキャビティタイプ。「テストをしてきて、スピン量は増したけれど飛距離も落ちていない。これなら行けると思いました」という感触をさっそくスコアに表した。

同じ組の石川遼秋吉翔太といった先輩プロをグイグイけん引。首位に並んで迎えた最終9番で強烈な下り傾斜から3パットボギーを喫したが、「最後は運がなかった」とサラリと受け流した。

まだ23歳ではあるが、プロ生活は8年目。高校2年だった2011年にプロテストに合格し、2015年からはシード選手として初勝利を追っている。出身の鹿児島城西高には偉大な先輩がひとり。サッカー日本代表のFW大迫勇也選手は3学年上の先輩にあたる。

大迫選手の卒業と自身の入学は“入れ替わり”で、同じ時間を過ごすことはなかったが、会ったことが一度だけある。「たぶん…いや、絶対覚えられていないと思うんですが…」というのはその稲森の高校時代。当時鹿島アントラーズに在籍していた先輩を含め、卒業後にプロのアスリートになった各運動部のOBが同校に集まった際、現役生ですでにプロゴルファーだった稲森もその場に参加したという。

当時を「なんで僕がここにいるんだろうという感じだった」と振り返るが、今週はいっそう鼻が高い。ロシアW杯のグループリーグ初戦をテレビ観戦し、コロンビアを撃破した決勝点を目撃してもちろん思った。「大迫、半端ないって!」

いまや日本中の注目の的に、ちょっとでも近づきたい。けれど、福島のギャラリーは「僕が城西出身だと知らないんじゃないですかね…」とポツリ。今こそ、名前をひろめる半端ないチャンスだ!(福島県西郷村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ダンロップ・スリクソン福島オープン

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。